美味くなる美味くなる砂地栽培。農場主の日記。
by denichi-tanaka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
でん一トマトは、ここで買えますよ。
d0193848_22163725.jpg






ふれ愛の里 <JA柳川直売店>

営業時間   AM9:00~PM6:00

所在地    柳川市金納552-1

連絡先    0944-74-2025

 2月中旬より販売が始まります。






d0193848_22163797.jpg






州Aコープ柳川店

営業時間   AM10:00~PM8:00

所在地    柳川市三橋町垂見6-1

連絡先    0944-73-9101








d0193848_22163730.jpg





川の駅船小屋、恋ぼたる <福岡県南物産館>

営業時間   AM10:00~PM10:00

所在地    筑後市尾島 筑後広域公園内

連絡先    0942-52-8188









d0193848_22163765.jpg





道の駅 みやま

営業時間   AM9:00~PM6:00

所在地    みやま市瀬高町大江2328

連絡先    0944-67-6477
[PR]
by denichi-tanaka | 2012-01-19 22:16 | どこで買える?
今日の研究会
d0193848_15372143.jpg

本年の計画を立てています。情報発信の重要性の講義を受けています。
[PR]
by denichi-tanaka | 2012-01-16 15:35 | 農場百景
でん一,です。
1952年生まれ
高校卒業、建設会社・製工所のサラリーマンをする。
27歳でヨガの教えを知り、7日間の水断食行に入る。後、静岡県三島市の沖道ヨガ本部道場において、14日間の水断食行法の指導を受ける。
この後、サラリーマンを止め自営業を営む。この時期農作物の連作障害の改善に、有用微生物群の活用が注目された。この有用微生物群(E.M)の普及の仕事に取り組む。ここで直接、農家と接する機会を増すごとに、実証する必要性を強く感じとる。同時期、砂を使う栽培技術を知り昭和64年(1989年)1000㎡のパイプハウスを建て、比嘉照夫教授より直接指導を受ける機会を得ながらトマトの砂地栽培を始める。農業者となる。


<現在>農業体験受け入れグループ「よかばんも~おいでん会」=(すごくいいですよ!いらっしゃい!)の代表者として、年数回、収穫体験者受け入れ等の、農業体験受け入れを催している。

    国際交流の集い実行委員会委員(柳川)

    砂地栽培普及研究会会員
[PR]
by denichi-tanaka | 2012-01-10 23:25 | 自己紹介
砂地栽培って、どうゆう方法
一般栽培においては、土に作物を植えつけて育てますが、この土の部分に、砂を使用して栽培する方法です。
砂地は、通水性も通気性でも一般土耕よりすぐれています。
この特性は、作物が必要とする水分等を、必要な時に必要な量を、与える必要があります。
一面、管理の細やかさを必要としますが、施す効果が現れやすい特徴でもあります。又、その分作り手の思いが反映します。
管理上の大切なところです。

この栽培方法で出来るトマトを、完熟で収穫したトマトが香味完熟トマトです。甘味、酸味、旨味が詰まった「でん一の春トマト」です。
[PR]
by denichi-tanaka | 2012-01-04 22:04 | 砂トマトとは