美味くなる美味くなる砂地栽培。農場主の日記。
by denichi-tanaka
<   2011年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
6段位花房の開花-
d0193848_23183819.jpg




好天の日が続いています。
寒気が続いた後だけに、昼間の日ざしにわ温もりを感じる。
春が近づいている実感がある。
トマトの伸びにも気持ちが映る。


草丈      195cm
6段位花房直下の葉の長さ 30cm
5段位花房と6段位花房間 25cm

(定植 10月15日)
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-31 23:18
マイロツクの2段位果房が、着色を始める
d0193848_23562826.jpg





耐寒管理と寒波の影響を受けて、マイロツクもようやく2段位果実の、赤色が付き始めました。
熟果の赤色が鮮やかです。
期待する赤色に、近ずいてきました。

{2段位果房=1番下の果房を1段位と数えて2段目の果房のこと}
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-29 23:56
野菜も人も同じ太陽の下で
d0193848_08504.jpg





ここ10日程は、雨がなく曇りでも時おり日差しがのぞくなかで、晴天の日も続きトマトの色づきが増しています。

気温は、例年より低く寒気が続いていますが、日差しがあればハウス内はポカポカ陽気です。作業は快適です。

これから徐々に、日照時間が長くなる時期、トマトが美味しく成ってきます。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-28 23:08
ピツコラル−ジユの赤と千果(チカ)
d0193848_2285176.jpg
d0193848_228517.jpg




果房の形が美しいピツコラル−ジユ(イタリア種)が、色づきました。
果房の着果数は、他種に比べ少ない種ですが、果肉がしっかりしていて、甘味とコク味の調和が良く
食べ応えのあるミニトマトです。


3段位果房が色づいた千果(チカ)は、ピツコラル−ジユに比べ1果房の着果数が、ずいぶん多いですね。
糖度が高く後味の良い食味のミニトマトです。


定植  平22年10月1日 (本葉4〜5枚)
定植より118日目
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-26 22:08
耐寒管理終了
d0193848_23492118.jpg





耐寒管理終了から一週間が経過しました。成長点付近の順調な成長が見られます。
現在の最低設定室温は、7℃です。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-23 23:49
ニンニクの成長
d0193848_22454413.jpg





ジヤンボニンニクより発芽は遅れていたが、現在は同等の生長を見せている単球ニンニクです。
9葉目が展開を始めました。
















 


 [トマトの耐寒管理終了]

     期間 12月15日~1月14日 <31日間>
       設定 最低室温   1℃
              地温   8℃
       平均 最低室温   5℃   <0℃~12℃>
              地温   10℃  <8℃~13℃>

     (評)  草勢の低下        <中・後期>
          花の長形化、花色の薄黄花 <中期>
          葉先の黄花
          生育の遅延
      


      
      
        


          


 
 
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-22 22:45
ジヤンボの成長(5
d0193848_22535193.jpg


ニンニク、ジヤンボくんが、9葉目を展開始めました。
草丈67㎝

植え付けより81日目
8葉から9葉の展開まで20日間を要しています。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-19 22:53
マイロツクと千果
d0193848_2353558.jpg
d0193848_2353588.jpg




此処冷え込みが続いています。昼間の晴天が今一番欲しい、今日の晴天でトマトが力 をつける。
マイロツク(大玉)の着色が始まった。


千果(ミニトマト)の色づきが良くなつて来た。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-17 23:53
油断大敵の栽培管理
d0193848_2271553.jpg
d0193848_2271538.jpg




耐寒管理(低1℃)の最終日、昨日14日室温が0℃〜ー1℃と成った。
成長点付近の凍傷と、葉先障害が発生しました。

3日前に点検整備を済ませていたが、ボイラ‐の不調でした。早速トマトの障害軽減と活力を回復させるため、エコバイオ等の、活性液を葉面散布しました。天気が良いのが幸いしました。

(外気温、低ー3℃・室温、0℃)

今日は、凍傷害からの回復が少し現れてひと安心です。これからの回復手当て法で、今作の出来具合が決まります。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-15 22:07
天気予報雑感
毎朝、毎晩の天気予報は必見であるが、今日の予報は儘ならぬ。

年間では、気候変化の速い時期と,落ち着く時期がある。落ち着いた時期はピタリトあたる。
雨の予報は予報より2時間ほど早めの準備で調度いい。
福岡・久留米の予報より佐賀市地域の予報が、ピッタリくる。

要は変化への対応が、カギになる。
[PR]
by denichi-tanaka | 2011-01-13 22:47